スクリーンショット_2018-04-17_13

信ぴょう性を増すために使った「文章の型」と6つの手法

先日、アフィリエイト未来予想図というnoteを書きました。

20,000字を超える長文コラムになってしまったんですが、この文章を最後まで読んでもらうために、そして内容を信じてもらうために様々な技法を使っています。


僕は文章というものは書けば書くほど上達すると思っています。ただし、漫然と書いているのではなく、しっかりとした意図を持って書いていればの話です。

僕が公開している文章(ブログやコラム、書籍など)は、「なぜこの順序で書いているのか」、「なぜこの表現を使っているのか」、「なぜこの引用を使っているのか」など、理由を聞かれれば回答することができます。なぜなら意図を持って書いているからです。


今回のコラムでは僕が意識している文章術について、前回のコラム「アフィリエイト未来予想図」のフレーズを使いながら解説していきます。

アフィリエイト未来予想図を読んでいない人でもある程度理解できるような解説にしますが、読んでもらった方が実感できるポイントが多いと思いますので、まだの方は合わせてどうぞ(CM)。

目次

0. その文章に主張(メッセージ)はあるのか
1. 文章を彩る4つの型+α
2. ダイヤモンド型で構成したアフィリエイト未来予想図
3. 2つの事例と1つの主張
4. 引用と権威
5. 気付かなかった敵の指摘と、未来の豊かさのイメージ
6. 問いかけと種明かし
7. ユーモアと真面目さのバランス
8. 言葉には力がある

ではそれぞれ解説していきます。

※このレポートは染谷が運営するオンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」内で無料公開されています。オンラインサロンメンバーは買わないでくださいね(それでも買いたいというのは止めません)。

この続きをみるには

この続き:5,887文字/画像1枚

信ぴょう性を増すために使った「文章の型」と6つの手法

染谷昌利

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

染谷昌利

作家、ブロガー、出版プロデューサー。長文のnoteをひたすら書いてます( ᐛ)。 このnoteで公開されているコンテンツはオンラインサロン「ギガ盛りブログ飯」メンバーはすべて無料で閲覧できます。 https://lounge.dmm.com/detail/461/

アフィリエイト参考

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。